数字の記憶力のトレーニングは、円周率がお勧め

円数字ステップ講座

数字を覚えたいがどんな方法があるのかな

この世の中、数字と切り離せない日常を過ごしています。自分の生年月日から住所の番地、携帯番号、暗証番号、会社での決算報告、営業目標、専門の学習、ありとあらゆるものの数字に囲まれ生まれた時から死ぬまで数字と付き合うわけです。生まれた瞬間にお医者さんから貴方は、3700グラムとか告げられるわけです。

暗証番号一つでも間違えれば、もう先に進めずにカードを使えず買い物もできないわけで、使わなければ生活できないものの番号を楽に記憶できれば、数字を記憶する悩みの種も減らせるわけですが、私たちは、数字の覚え方を習っていません。数字を簡単に楽しく覚える何かいい方法があれば是非とも知りたいと思いませんか

数字を効率的に記憶する5つの方法があります。

1.数字を記憶するには、円周率が最適

2.数字は、5つまとめて覚える

3.数字を音読みに変換

4.声を出す

5.メロディーに合わせる

1.数字を記憶するには、円周率が最適

数字の記憶のトレーニングのベースは、円周率がお勧めです。まず、数字がランダムに並ぶので数字の配列のパターンが全て学ぶことができます。偶数のパターン。奇数のパターン。偶数と奇数のパターン。続き番号。ゼロが入ってるパターン。目標設定がしやすいことも大事です。円周率を10桁マスターしたなら20桁、そして30桁、50桁、100桁、と自分のペースに合わせて無理なく目標設定をアップすると目標をクリアーすると自信もつくしモチベーションも上がります。

2.数字は、5つまとめて覚える

世の中の数字の基本は、4桁です。車のナンバー、暗証番号、日本では、数字の桁数も4桁で変わります。千、万、億、兆、京、該、譲、講、澗、正、と更に続きますが、あとは、ご自身で調べてね。そこで、5桁の記憶のスキルをマスターすれば、4桁の日常生活での数字の記憶は、楽勝です。是非とも5桁を目標にして、円周率をマスターすると20個の数字のユニットを記憶するだけで達成できます。水泳で例えるならば、2桁の記憶のユニットとなら100mを50回ストロークしなければなりません。5桁のユニットならば、20回のストロークです。どちらが、早いか歴然です。

3.数字を音読みに変換

数字を記憶するのが苦手と自分で決めつけてる方は、数字の上達は、見込めません。だって、自分でそう決めつけているのだから、脳の方もストレスになるような作業は、受け付けてくれません。当然の道理です。まず、正しい方法をマスターして、一つ一つステップアップすれば、必ずできると思い込みましょう。今すぐできなくても、大丈夫。スキルアップを重ねれば必然にできることは、間違いないと自分で決めているのだから、脳の海馬も喜んで協力してくれます。満足のアドレナリンのエネルギーが自分の脳の最大のプレゼントです。プラスイメージは、大切です。そこで、数字を記憶するスキルの一つに数字をそのまま記憶するのでなく、数字を音読みで記憶する方が脳の記憶するときのストレスが軽減されます。

3.14159の円周率の最初の5桁の14159なら音読みでイシイコク。次の26535ならニロコサコ

14159 イシイコク  26535 ニロコサコ  89793 ハクナクサ

23846 ニサハシロ  26433 ニロシササ  83279 ハサニナク

50288 コンニワワ  41971 シイクナイ  69399 ムクサクク

37510 サナコイン

これで、円周率50桁ですが、音読みで換算すると10秒で無理なく暗唱できるスピードになります。ちなみに円周率の音読みの最高レベルは、100桁を5秒の暗唱スピードです。音読みは、語呂合わせでおなじみなので数字を記憶するときは、普段から音読みに慣れ親しんで下さい。

4.声を出す

これは、アウトプットをすることで記憶の保管が強化されるので、必ず実行してください。英語をマスターするのもただ、リスニングだけで決してマスターできません。声を出すことで、記憶の音読みと数字の記憶が段々とシンクロしてきて、口からストレスなく音読みで数字を発音することがそのまま、数字の記憶の扉を開いてくれます。声を出す音量、リズムとスピードの3つがバランスよく取れる事で、記憶のマインドがアップしてくれるので自分が気持ちよく記憶できる3つの要素を自分で見つけてくさい。楽しければ、その状態をキープ。疲れれば、休んでスピードを落とします。焦りは、禁物です。

5.メロディーに合わせる

何事も、楽しい方がいいに決まっています。ただ、数字を記憶するのは、初めのうちは、楽しい感覚を得ることは、難しいかもしれません。そこで、今までに、説明した、4つの数字を効率的に記憶する方法を全部まとめて、最後にメロディーに合わせて円周率を記憶しましょう。円周率の記憶術の円数字の完成形が、メロディーに合わせて円周率を自在に使いこなせることになります。自分の好きなメロディーに合わせて円周率を音読みで歌うと歌詞がわからなくても円周率で歌を歌えます。最初は5桁の繰り返しで大丈夫です。5桁がマスターしてから10桁の繰り返し、そして20桁、30桁と増やし最後に、円周率100桁の繰り返しまで行きましょう。さあ、あなたのお気に入りの曲に合わせて円周率をマスターしましょう。とても、楽しいですよ。参考に、「上を向いて歩こうの」参考動画を上げておきます。

「上を向いて歩こう」の他の動画もアップしているので、ユーチューブの「円数字」で検索し見てください。円周率の記憶術の円数字の基本スキルの説明は、他のブログの「円数字」の記事で見れますので。そちらも興味がある方は、ご覧ください。こんな、簡単な方法で数字を記憶できるんだと驚かれると思います。

数字の記憶のなら円数字におまかせ
円数字ブログ # 様々な数字を形にしてから簡単におもしろく覚える事ができます。 円数字は、数字の暗記でなく記憶なのでステップアップすれば、自然と貴方も数字の記憶の達人です。 #円周率 #数字の記憶 #円数字 #家で暇つぶし #おもしろ記憶

コメント

タイトルとURLをコピーしました