睡眠に効果的な円数字とは

ストレス

1.睡眠効果

睡眠でどうして、悩まなくてはならないか、寝ようとおもえば思うほど余計に眠れなくなる。
スポーツ選手が、練習では凄いパフォーマンスを発揮するのに、本番では、結果が出ない、お笑い芸人が、楽屋では、面白いのに舞台では、全然面白くない、受けようとすればするほど滑る。営業でお客様に商品を売りに、熱心に話せば話すほど、お客が引く、眠ろうと思えば、思うほど寝れなくなる。
すべて共通しているこの現実は、自分自身の潜在意識のマイナスイメージがストレスで刺激され、表層の意識でやろうと働きかけても顕在意識で拒否しているわけです。
嫌なことを無理に好きになると思い込んでも、心の根っこの潜在意識が嫌と思えば、頭でアクセルを踏み込みながら、心でブレーキを駆ける行為なのです。

私たちの、行動の基底部の好き、嫌いの判断基準は、膨大な情報を司る潜在意識によるものです。潜在意識が拒否すれば、物事が否定的になり、潜在意識が了解すれば、物事を肯定的に捉えられる。潜在意識の判断次第で、良くもなれば、悪くもなる。
厄介なことに、潜在意識をコント―ロールする技術を私たちは学習していません。
生まれつき、物事を楽観的に考えられる人は、問題ないのですが、多くの人は、物事を否定的に捉えるため、常にストレスによる潜在意識のマイナスイメージにより結果が出ずに、さらに、潜在意識をマイナスイメージで増幅して、だんだん疲れていき、最後には、あきらめの境地になる悪循環のパターンに陥ってしまいます。

睡眠で悩むことを例にとると寝れずに、寝ようとしても、潜在意識が拒否して
いるためマイナスイメージが働き、余計に、寝れない。寝れない事で、ストレス
が発生し、そのストレスで、さらに、潜在意識のマイナスイメージが増大し、表
層意識のマイナスイメージが固定化し、最後には、悩みに疲れて、薬、お酒、
ギャンブルなどの自身の解決を他の代替えのもので解決しようとしする。

それで解決出来れば良いが、根本的な解決方法ではないため、さらに、薬やお酒、ギャブルの量が次第に増えていき依存する結果、薬依存症、アルコール依存症、ギャンブル依存症になる確率が高まります。
ストレスによるマイナスの身体的なものは、不安、緊張、動機、などを経て最終的には、鬱の代表的なものは、食欲がなくなる、寝れなくなるの2つに行きつきます。
体が悲鳴を上げて心の痛みを訴えているのです。
食べれない、寝れないは、私達が思っている以上深刻な問題です。
マイナスイメージを運動、趣味、芸術、人助け、仕事で結果を出すなどで改善できれば、大丈夫です。しかし、問題が解決できないから悩んでいるわけで、悩んでなければ、問題を無理に作り、抱える必要はあれません。
問題があり、悩みを抱えているあなたにこそ円数字が必要なのです。
なぜ、円数字でストレスが軽減され、睡眠に効果があるのか。
円数字の特徴は、道具など使用せず、すべて、頭の中で処理をする記憶術です。
計算に例えるとパソコン、電卓、ソロバンなどで計算することなく暗算で計算すると思ってください。
頭の中だけで処理するので、時と場所を選ばないということに付きます。
道具を使用しないため、時と場所を選ばず、好きな時に、好きなように、好きなだけできるということです。

車の中、トイレで、喫茶店で、みんなと仕事をしている時、満員電車の中、テレビをみながら、散歩中etc.
そして、何よりも寝るときに円数字を頭の中でやるときが最高の相性がいいときです。効果があるのは当然です
いよいよ、これから、円数字の基本スキルの説明に入ります脳の記憶の扉をゆっくり開けてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました