睡眠で悩む貴方に、円周率のエクササイズを是非1度試してみる価値あり

ストレス

今回の、ブログの記事は、円周率の記憶術の円数字が睡眠に効果的な実践編になります。一番の理由は、円数字が道具を使わずに、すべて頭の脳の働きだけで完結することがその理由です。

ドライブするときには、車が必要。ゲームをするときは、ゲーム機が必要。テニスならばテニスコートとラケット、ボール、対戦相手。離れた人とコミニケーションを取る時は、携帯。つまり、何かやろうとすれば、何かの道具が必要となり、快適な動かす能力が必要となります。しかし、睡眠時には、道具も必要ないし、道具を使わないので使う能力も必要ありません。つまり、頭の創造、思考のみこそが、睡眠に対抗できる手段になり舞ます。

自分は、睡眠で悩んだ事がない。なぜなら、日常の疲れがMAXでベットに入ったら3分ですぐ寝れる。寝るのが楽しくて、しょうがない。何で、寝れないのか、自分には、分からない。そういう方も世の中、沢山います。しかし、ストレスでなかなか寝付かれない。お酒を飲まないと寝ることができない。程度の差こそあれ、そういう方の方が、どちらかと言えば多数ではないのでしょうか、過度のストレスは、ストレスを増大させ睡眠時に薬を手放せなくなり日常の生活が支障をきたすことも考えられます。不眠の状況は、自分が、思うより深刻です。経験者なら納得していただけたでしょう。自分も経験者でした。

円数字で、数字の記憶に熱中して、寝るときも円数字のエクササイズしていると初めは、目をつぶっても頭の中は、円数字の数字の記憶に没頭。目が爛爛と冴えてきます。しかし、集中力が途切れるといつの間にか、熟睡。以来、睡眠に悩んだことは、ありません。

不安な時、緊張してるとき、釈然としないとき、ミスをした時、ネガティブ度合いの強さで、円数字のエクササイズのスピードをコントロールすることで、自然と睡眠に入ることもコントロールしやすくなりました。

具体的な方法は、円数字を使い、0から1つずつ数字を増やしていき100までゆっくり進みます。自分の気持ちをリラックスするスピードで1、2、3、4、5、6、7,8、9、10、11、12、~と確かめるように思考してみて下さい。ポイントは、寝なければないは、止めましょう。初めは、少しゆっくり、そして、気持ちが落ち着いてきたら更にゆっくりです。呼吸も大事です。自分が、リラックスできる呼吸の大きさ、速さを見つけることです。円数字は、比較的、簡単にしかも飽きない2桁のエクササイズを使うため1~99の増やすことで少しずつ、ストレスから解放されます。

円数字の2桁の方法は、ステップ講座を見て頂ければわかるのでそちらを参考にして下さい。

円数字の無料講習会を毎月開催しています

円数字に興味ある方は、東武スカイツリーラインの東武動物公園駅、西口徒歩5分、進修館で毎月第4日曜日にて開催しています。

8月は、お休みで

9月は、22日(日曜日)、進修館、14:00開催

10月は、27日(日曜日)、進修館、14:00開催

お申し込みは、トップ記事の申し込みフォームからお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました