円周率の記憶術、円数字コードとは、何か? (3)

円数字コード

円周率の記憶術の円数字のブログを見て頂きありがとうございます。

数字を語呂合わせで覚える記憶方法でなく、数字を形として捉える円数字のまあ

基本形が円数字コードです。

ギターコードをマスターすれば、ギターで好きなように自分の音楽が奏でることができます

円数字コードをマスターすれば、簡単に数字を記憶できるわけです。

円数字を学ぶ上の注意点を再確認しましょう。

1、数字は、音読みで記憶する事。

数字を大量に記憶することは、苦痛に感じることがあります。100メートルやっと泳げる人に、1000m泳げと言われたらストレスでしょう。音読みにすることで、数字を記憶するハードルが下がり、結果、記憶スピードが上がります。円周率の3.14159 26535で14159ならイシイコク。26535ならニロコサコと音読みすることで言葉として変革して数字を記憶します。

2、数字は、5桁まで一つのセンテンス塊で記憶する

数字を大量に一度に記憶することは、限度があります。1415926535なら 14159 26535と5桁の数字の塊りを一つのセンテンスとして分けて記憶することで、記憶するハードルが下がります。

3,スタートの位置は、真ん中のセンターコートから

数字は、9マス×9の全部で81ありますが、スタートの位置は、必ず真ん中のセンターの位置からのスタートになります。

4、円数字コードのパターンの使用に慣れる

円数字のコードパターンは、1~999の3桁なら6つの円数字コードで対応できるので、まずは、3桁の数字をスタートポジションをずらしたり、回転することで円数字コードで数字を記憶することに慣れてください。

5、常に、数字の記憶を円数字コードに変換

日常は、常に数字で、あふれています。プラスに考えるそれだけ、円数字を記憶する機会が多いと言えます。やればやるほど上達し他の人との記憶の情報量と正確度がアップします。

円数字に興味ある方は、東武スカイツリーラインの東武動物公園駅、西口徒歩5分、進修館で開催

1月は、26日(日曜日)、進修館、14:00開催

2月は、23日(日曜日)、進修館、14:00開催

3月は、22日(日曜日)、進修館、14:00開催

お申し込みは、トップ記事の申し込みフォームからお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました