都道府県アルアル、岩手県の発祥の物、「わんこそば」を円周率の記憶術の円数字で表すと

都道府県

世の中の様々な物事を数字の記憶術の円数字で表す今回のブログの記事は、岩手県です。最初に思い浮かぶ名物と言えば、わんこそばがまず思い浮かぶのではないか思います。わんこそばは、岩手県が発祥の地で400年前に花巻市、盛岡市が発祥と言われています。当時の殿様の27代目当主、南部利直が江戸に向かう時に、花巻城で一口だけのそばを利直がうまいと何度もお代わりをしたことが始まりと言われています。戦後、盛岡で斉藤そば屋が名物料理として今の給仕スタイルで何杯も食べる「わんこそば」を寛政しました。その後、1957年に花巻市の鍛冶屋で「わんこ相撲冬場所」が開催され競技方法も少しずつ変えながら現在の「わんこそば全日本大会」という大会になって全国にわんこそばが認知されました。ちなみにわんこそばの記録は、代33回の全日本大会のわんこそば選手権でのMAX鈴木選手の打ち経てた記録が驚愕の632杯!!しかも時間は、わずか15分。どうやら大食いと早食いは、比例するようです。映像を見ると食べるんじゃなくて飲んでいるように秒速でお椀を重ねていきます。岩手に行かれたら一度経験して632杯の記録がどれだけ凄いか体験してみては、いかがでしょうか

今回の数字の記憶する円数字は、花巻市の鍛冶屋で「わんこ相撲冬場所」が開催された1957年です。1957の円数字は、Lの回転させた1からのスタートに左斜め上の方向になります。

ちなみに、1957を2スタートですると2768になります。

このように、円数字コードのスタートポジションを変えることで、様々な数字を記憶することが、できます。

日常は、常に数字で、あふれています。プラスに考えるそれだけ、円数字を記憶する機会が多いと言えます。やればやるほど上達し他の人との記憶の情報量と正確度がアップします。

円数字に興味ある方は、東武スカイツリーラインの東武動物公園駅、西口徒歩5分、進修館で開催

10月は、27日(日曜日)、進修館、14:00開催

11月は、24日(日曜日)、進修館、14:00開催

12月は、22日(日曜日)、進修館、14:00開催

お申し込みは、トップ記事の申し込みフォームからお願い致します。

坂本九の「上を向いて歩こう」の曲に合わせて円周率を覚えよう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました