お金をかけずに、不眠改善方法は、呼吸とプラスイメージが大事です。

ストレス

いま、寝られずに生活にマジに支障をきたしている。睡眠でストレスを抱えそのストレスで更に寝れない。お酒、薬、に頼り切っている。そんな方に、向けて書いてます。

お金を掛けずに不眠改善方法は、何かないかなと思っている貴方に

いろいろな方法を試したが、なかなか効果がないというのが、現実では、ないのでしょうか?現在、睡眠で悩んでいる貴方は、今まで、いろいろな方法を既に試したのにあまり効果がない、逆に、前より酷くなっているケースもよく聞く話です。そして、前よりお酒や薬が多く飲まないといられず極端に心身に負担をかけてストレスを増大させることもよくあります。睡眠に全く悩みがない人は、少数の人達です。過度のストレスは、100害あって一利なし早く改善しましょう。

お金を掛けずに不眠改善でストレスを軽減する、お勧めトップ3のルーティン

不眠改善方法は、 呼吸を早く、浅くしてから遅く、深くする

睡眠において呼吸は、物凄く重要です。ほとんどの睡眠に悩みを抱えている人の呼吸は、通常の呼吸より浅く、早いものです。そこで、ベッド、布団に入ったならいきなり、深呼吸すれば、寝れるかといえば、そう簡単には、行きません。心の安定する呼吸をまだ、理解していないからです。これには、一つコツがあります。目を閉じて寝る体制の時に、意識的に、呼吸を早く、浅くして10回呼吸します。それが終わったなら、今度は、呼吸を通常より深く、遅く呼吸を10回します。そこから、自分がリラックスできる呼吸を探してそのままのスピードをキープします。呼吸を一度早くしてから遅くする方が、自分本来のリラックスできる呼吸のスピードを見つけやすいのです。

 不眠改善方法は、プラスイメージ

睡眠を妨げる最大の敵は、自分自身のストレスです。反対に、プラスイメージで深いリックスした呼吸ができれば、まず、睡眠に悩むことはありません。しかし、プラスイメージを無理やり持とうとしてもなかなか、簡単にプラスイメージを持てるわけでもありません。もし簡単に、プラスイメージが持てるなら、多くの人がこんなに睡眠に悩むことはありません。まさに、プラスイメージが持てないから寝れない、寝れないから、プラスイメージを持つことができないの悪循環の連鎖です。自分は、寝る事がリラックスできて楽しい、それこそが、プラスイメージです。そこで、試して頂きたいのが、次に説明する指を使っての睡眠方法です。

 不眠改善方法は、指を使って数を数える

不眠改善のために道具を使うのは、NGです。なんの道具も使わず、目を閉じてもできる簡単なエクササイズが必要です。1番の呼吸法、2番のプラスイメージを持ちながら指を使ったエクササイズを行いましょう。指に番号を付けます、

1番、親指と人指し指を合わせます。

2番、親指と中指を合わせます。

3番、親指と薬指を合わせます。

4番、親指と小指を合わせます。

5番、親指を手の平に合わせる

6番、親指と人指し指の爪を合わせます

7番、親指と中指の爪を合わせます

8番、親指と薬指の爪を合わせます。

9番、親指と小指の爪を合わせます

0番、拳を握る

呼吸法とプラスイメージを意識して、指を使いながら0から一つずつ番号を数えます。自分のリラクッスできるスピードで、呼吸、プラスイメージ、指使いの3つのバランスを身体で感じてください。自分がリラックスできる音楽をイメージに重ねる事ができれば、もっと最高です。無理にリラックスしようとしないで、リラックスをしているイメージの中に委ねてください。0から10まで数を増やし10から0に向かい数を減らしてワンセット。疲れてなければ、もう1セット。リラックスできなければ、止めましょう。最後に指を使わずにイメージのみで0から10の往復のセットを繰り返し眠気が来たなら静かに睡眠モードに入ります。

そんなことで寝れるかと思うかもしれませんが、自分のリラクスできる呼吸の深さとスピードが理解できれば自然と寝れるようになります。きっと、今まで味わったことの無い安心感を得て、睡眠に自然と入っていきます。身体は、睡眠を求めています。しかし、無理やり自分のリズムを崩すと心身で拒否反応を起こします。

 

自分が試して劇的に効果的だった呼吸と指使い

その人によって、散歩するときに気分がいいい歩くスピードが、違います。歩くスピードが、少しでも速かったり、遅かったりすっるだけで気分が滅入ります。食事でも自分の食べやすいスピードがあります。歩くときにも自分の歩きやすいスピードがあります。睡眠には、寝れる呼吸のスピードがあります。

もともと、不眠に悩まされつづけていた私こと円数字ですが、何をやっても寝れづにいつも睡眠足で身体がだるく、頭も冴えません。仕事で失敗しストレスを溜め更に寝れないの悪循環の繰り返し、酒と薬には、手を出さなかったのは、自分で酒と薬に依存したらもっと破壊的な方向に行くことが想像できたからです。転機が訪れたのが、自分が皆さんに、推奨している数字の記憶術の円数字の初歩レッスンのエクササイズを寝るときに始めた時、自然と睡眠に行くこととができたのです。更に、今回お話した、呼吸法とプラスイメージの組み合わせで、今では、睡眠に悩んだことは、ありません。円数字は、数字の記憶術として開発されたものですが、睡眠との相性は、抜群でした。「時と、場所を選ばず、好きな時に、好きなだけ」が円数字の特徴です。睡眠に悩む方は、記憶術をマスターする必要は、ありません。ただ、自分の睡眠が得られればそれでいいのだから、今回の呼吸法、プラスイメージ、指使い、の3つを使い後は、自分のリラックスできるスピードを見つけるだけです。あとは、不眠とオサラバするだけです。

今の、コロナで家でやることがない方は、睡眠とは、関係ありませんが、円数字の指使いの遊びをなせてあるので興味のある方は、覗いてみてください。

円周率をメリーさんの羊で、簡単記憶20 桁
円数字の記憶術で、あなたも数字の記憶の達人に、円周率を10桁、20桁、と増やしていけば、無理なく円周率100桁も難しかは、ありません。 円数字ブログ # #ステイホーム #円周率 #メリーさんの羊 #円数字

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました