生年月日を記憶する簡単な方法とは、お笑いのヒロシの1972年を記憶する

円数字コード

生年月日を記憶する簡単な方法とは、

誰でも、持って生まれた生年月日の数字は、数字の記憶を学ぶには、最適な題材です。中には、自分の正確な生年月日を知らないと言いう人もいますが、特殊な例外を除けば、自分の生年月日は、死ぬまでついて回る数字なので、数字を記憶する円数字コードにおいてもことあるごとに生年月日の数字記憶の題材として取り上げます。毎日ツイッター、インスタグラムで記事をアップしていますが、毎日、円数字コードの基本パターンを増やせば、貴方の数字の基本スキルは各段にアップします。

一つの円数字コードで18個の3桁の数を記憶できる

一つの円数字コードをマスターすればスタートポジションを変えるだけで9つの数字を記憶できます。逆からの数字を記憶すれば更に9つの3桁の数字を記憶でき合計一つの円数字コードで18個の3桁の数字を記憶できます。

1972の円数字コード、カッターで実践しましょう

今回は、テレビの嵐の大野智とお笑い芸人のヒロシがキャンプをしている番組をインスタでアップしました。大野智が1980年生まれでヒロシが1972年生まれです。円数字コードの題材としてヒロシの1972の数字を使っていきましょう。

ここでは、ヒロシの1972の円数字コードをカッターと呼びます。見たイメージとしてカッターナイフの刃をイメージしてください。1972は、1がスタートで2がゴールですが、2がスタートなら2783で3がゴールです。3がスタートなら3891、4がスタートなら4315。5がスタートなら5126。6がスタートなら6234。7がスタートなら7648。8がスタートなら8459。9がスタートなら9567です。

反対からの円数字コードも記憶しよう

1972の円数字コード、カッターを反対から記憶するとスタートポジションを1から順番に記憶すると1983、2791、3872、4326、5134、6215、7659、8467、9548となります。理想としては、数字が瞬時に円数字コードに変換でき記憶しインプット。そして円数字コードから数字にアウトプットが瞬時に出来る事が理想です。初めは難しいと思いますが、最初は2桁から3桁と増やしていきスピードも時間をゆっくり記憶するところから始めましょう。時間があれば、大野智の円数字コードも試してみてください。

1972の円数字コード カッター
スタート 反対からスタート
1 1972 1983
2 2783 2791
3 3891 3872
4 4315 4326
5 5126 5134
6 6234 6215
7 7648 7659
8 8459 8649
9 9567 9548

このように、1つの円数字コードを使えば、簡単に楽しく数字を記憶できます。数字は日常にあふれています。円数字は、時と場所を選びません。このように、1つの円数字コードを使えば、簡単に楽しく数字を記憶できます。数字は日常にあふれています。円数字は、時と場所を選びません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました