ケンタッキーをETCで買える試行運用が開始。株価を覚えよう

円数字コード

高速道路の管理・運営などをおこなうNEXCO中日本は、日本ケンタッキー・フライド・チキンなど試行運用実施会社4社と共同で、ケンタッキー・フライド・チキンの実店舗にて、全国初の試みとなるドライブスルーでの支払い方法としてETCで決済する試行運用を8月3日から開始しました。これが、日本全国、どこでも使えれば、本当に、便利になる。

ケンタッキー・フライド・チキンの株価を円数字コードで記憶しましょう

様々な数字を記憶する円数字の今回のテーマは、9月2日の日本ケンタッキー・フライド・チキンの株価、2858円を円数字コードで記憶しましょうそもそも、数字を記憶する方法に語呂合わせで、記憶する方法が一般的ですが、8971ならハクサイ、1126ならイイフロ、312ならサイフ、などです。しかし、常に、都合よく語呂合わせがうまくいかないときもあります。そこで、他の方法がないかと考えたのが、数字を形に変換して記憶する円数字の記憶方法です。下の表は、1~9の数字を携帯番号の配列したものを9つ合わせた円数字というものです。2858ならスタートを2、2番目の8、3番目の5、4番目のゴールを8と順番に繋げたものです。2で始まり8でゴールの形を円数字コードでは、縦に1直線形をイメエージしたストレートと呼びます。

 

ここでは、ケンタッキー・フライド・チキンの株価、2858の円数字コードを”ストレート”と呼びます。見た形が単純な縦に一直線の形から名前を付けました。2858は、2がスタートで8がゴールです。円数字コードのストレートの形が変わらなければ、スタートポジションを変えるだけで他の数字も記憶できるところが円数字の効率の良いところです。それでは、スタートポジションの他の数字のストレートの円数字コードを試しましょう

円数字コードのコシカケ1948を記憶しよう

1がスタートなら1747で7がゴールです。2がスタートなら2858で8がゴールです。3がスタートなら3969、4がスタートなら4171。5がスタートなら5282。6がスタートなら6393。7がスタートなら7414。8がスタートなら8525。9がスタートなら9636です。

反対からの円数字コードも記憶しよう

2858の円数字コードの形を記憶できれば、ストレートの形を反対から記憶するとスタートポジションを1から順番に記憶すると1714、2825、3936、4147、5258、6369、7471、8582、9693となります。理想としては、数字が瞬時に円数字コードに変換でき記憶しインプット。そして円数字コードから数字にアウトプットが瞬時に出来る事が理想です。初めは難しいと思いますが、最初は2桁から3桁と増やしていきスピードも時間をゆっくり記憶するところから始めましょう。

2858の円数字コード ストレート
スタート 反対からスタート
1 1747 1714
2 2858 2825
3 3969 3936
4 4171 4147
5 5282 5258
6 6393 6369
7 7414 7471
8 8525 8582
9 9636 9693

このように、1つの円数字コードを使えば、簡単に楽しく数字を記憶できます。数字は日常にあふれています。円数字は、時と場所を選びません。満員電車の中、暇つぶしの時、散歩しながら、夜寝るときなど是非、簡単なレベルから試してください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました