伊勢湾台風、死亡、行方不明5098人を円数字コードで記憶します

円数字コード

日本の台風被害で過去最悪のものは、1959年の伊勢湾台風で5098人もの犠牲者を出しました。超大型の台風10号が来て予想外の被害が出そうですが、今回の記憶する数字は。5098の数字を円数字コードで記憶します

今回の記憶する数字は、伊勢湾台風の被害の5098の数字です

そもそも、数字を記憶する方法に語呂合わせでは、記憶する方法が一般的ですが、8971ならハクサイ、1126ならイイフロ、312ならサイフ、などです。しかし、常に、都合よく語呂合わせがうまくいかないときもあります。そこで、他の方法がないかと考えたのが、数字を形に変換して記憶する円数字の記憶方法です。下の表は、1~9の数字を携帯番号の配列したものを9つ合わせた円数字というものです。5098ならスタートを5、2番目の0、3番目の9、4番目のゴールを8と順番に繋げたものです。5で始まり8でゴールの形を円数字コードではリターンと呼びます。

ここでは、赤の円数字コード、5098の円数字コードを”リターン”と呼びます。5098は、5がスタートで8がゴールです。円数字コードのリターンの形が変わらなければ、スタートポジションを変えるだけで他の数字も記憶できるところが円数字の効率の良いところです。それでは、スタートポジションの他の数字のリターンの円数字コードを試しましょう

円数字コードのリターン5098を記憶しよう

1がスタートなら1054で4がゴールです。2がスタートなら2065で5がゴールです。3がスタートなら3046。4がスタートなら4087。5がスタートなら5098。6がスタートなら6078。7がスタートなら7021。8がスタートなら8032。9がスタートなら9013です。

反対からの円数字コードも記憶しよう

5098のリターンの円数字コードの形を記憶できれば、リターンの形を反対から記憶してみましょう。スタートポジションを1から順番に記憶すると1027、2038、3019、4051、5062、6043、7084、8095、9076となります。理想としては、数字が瞬時に円数字コードに変換でき記憶しインプット。そして円数字コードから数字にアウトプットが瞬時に出来る事が理想です。初めは難しいと思いますが、最初は2桁から始め3桁と増やしていきスピードも時間をゆっくり記憶するところから始めましょう。

5098の円数字コード リターン
スタート 反対からスタート
1 1054 1207
2 2065 2308
3 3046 3109
4 4087 4509
5 5098 5602
6 6079 6403
7 7021 7804
8 8032 8905
9 9013 9706

このように、1つの円数字コードを使えば、簡単に楽しく数字を記憶できます。数字は日常にあふれています。円数字は、時と場所を選びません。満員電車の中、暇つぶしの時、散歩しながら、夜寝るときなど是非、簡単なレベルから試してください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました